2016年08月08日

「北原久・漆の器~偲ぶ展」~ その① 「応量器」

「北原久・漆の器~偲ぶ展」





         10月10日まで、ご希望にお応えしてのアンコール展開催中です!

         どうぞ、お見逃しなく!


         ※最終日PM不在時間帯有りますので、10日は、ご確認の上どうぞ! 


         http://h340623.yoka-yoka.jp/d2016-10-06.html
           
         http://h340623.yoka-yoka.jp/d2016-08-13.html







多くの作品を素晴らしい感性と
熟練の技で生みだされる北原氏の漆の作品には、
紙箱にまで漆を塗られたり、遊び心も伝わってきます。

見て、触れて、使って、多くの方の心をいやしつつ
昨年、漆芸家として60年を迎えられました。

今からの作品も愉しみに心待ちにしておりましたが
残念ながら、氏の訃報が届きました。

北原氏を偲んで
日常使いのテーブルウエアをご紹介いたします。
温かなお人柄から生み出された漆のうつわと、
どうぞごゆっくり触れ合って下さいね。






                 根来塗 「応量器」



                 大きめの器の中に

            小皿から御椀までの5つの器が

                「入れ子」になってます。












なんと美しい「入れ子」。


こんなに繊細に組み合わされる

技術の素晴らしさにも感動です!



























美しいフォルム~icon97icon12



















                         「応量器」のうつわたちは・・・


                         



              紙箱には、黒漆を塗られ、 「応量器」「久」の文字を 朱漆で。



                         



















日本の「機能美」icon12

       美しいですねicon97icon12




  


Posted by 宿根草 at 20:26Comments(0)